LCCってなんだろう

ネットや雑誌などで最近良く見かけるのがLCCという言葉です。
これは「Low Cost Carrier」の頭文字を取り、エルシーシーと呼ばれているもの。
低価格の運賃を実現している格安な航空会社のことを言います。


従来行われていた航空会社とは違い、サービス内容を簡素化したり、運行を効率よくしたりして低価格を実現している会社を言います。
テレビ番組などでも何度か注目を浴び、特集記事やニュースとなっており、知名度もだんだん上がってきています。


代表的なLCCを挙げるとマレーシアのエアアジア、イギリスのイージージェット、あまり化のサウスウエストなど。
事業停止となった会社、急激に成長した会社と極端に差が出てきています。
なんといっても最大の特徴は航空券が安いということ。
大手のエアラインと比較すると驚くほど低く設定している会社もあります。


日本にもだんだんLCCが参入し、スカイマーク、AirDoといった格安航空会社があります。
その他にバニラエア、ジェットスター、ピーチ、スターフライヤー、ソラシドエアなどが挙げられます。


今後はさらに多くのLCCが参入してくるといわれています。
特にオフシーズンが安いです。
ただし、食事などの機内のサービスというのは有料化され、最低限のサービスしか受けられなかったり、空港が大都市から離れていたりと 通常の高級会社と比較するととても不便で物足りない印象を受ける方もいます。


メリットもあればデメリットもある。
安ければ安いなりのサービス、高ければ高いなりのサービスがあるのです。
どちらが快適化は利用者によって違います。


☆特集
バニラエアの運賃と他のLCC航空会社の運賃を比較出来るサイトです ⇒ バニラエア 運賃

Copyright © 2014 LCCのメリット・デメリット All Rights Reserved.